美の歴史

おたっぽい小売店従業員のたわごと

フィギュア、アニメ、特撮大好き。おたっぽいというかどう見てもオタです本当にありがとうございました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

仮面ライダーフォーゼ 皆で宇宙キターッ! ネタバレ感想

初日に見に行って来ました。ネタバレ含むので注意。
スポンサーサイト
[ 2012/08/04 15:33 ] 特撮 | TB(1) | CM(0)

「MOVIE大戦MEGAMAX」について思うこと

●近況
フィギュアレビューをフィギュアサイトに移転中。まだ10かそこらしか数がありませんが、思いの外時間がかかるもんですね。

以下本題。

フォーゼパートについてちょっと考えてみました。
もっと細かく言うとレム・カンナギのせいで撫子を失った弦太朗が泣き崩れてしまうシーン。

あそこですぐに立ち上がって変身するのもまた一つの強さですが、それだと弦太朗が撫子の仇討ちのために戦う復讐鬼として映りかねないんですよね。そこで代わりに立ち上がるのは本来弦太朗が守るべきライダー部。一人ひとりでは非力な彼らをサドンダスに立ち向かわせて、弦太朗を単なる戦士フォーゼとしてではなく、正義のヒーロー仮面ライダーフォーゼとして再び立ち上がらせます。

一見すると単なるお涙頂戴に見えてしまうかもしれないけれど、感受性豊かな弦太朗や彼を中心に集まったライダー部の絆を表現するとともに、ヒーロー物としてつくづく理にかなったシーンだと思うりゅーはなのでした。


[ 2012/06/26 23:05 ] 特撮 | TB(0) | CM(0)

仮面ライダー555パラダイスロスト・感想

今更ながら気になったので見てみました。DC版の感想です。

ライダー映画の中でも根強い人気を誇るのも分かる気がします。バトルシーンの迫力はもちろんですけどテレビ本編とは打って変わったたっくんの揺るぎなきストレートなヒーローっぷりが何よりそれを後押ししているのではないかと思います。

それだけにTVでも草加さんには早い段階で灰になってもらった方が良かったのではないかなぁと思わずにはいられなかったり。

あと、仮面舞踏会だとか、野村博士のくだり(変身一発的なアイテムだけで良いんじゃあ・・・)だとかはもっと少ないほうが良かったかなぁと思います。

特に仮面舞踏会で記憶喪失の恋人と再会!・・・なんてシチュエーションだけ切り取ってみればベタベタながら心憎いものですが、ただでさえ危機敵状況の上に仲間が壊滅状態の時に一体何をやっているんだという思いが頭から離れない(;´Д`)

世紀末救世主伝説っていう骨子に関わらず、こういう場面を据えるのは一気に現実に引き戻されてシリアスな笑いを引き起こすのでご勘弁を・・・


[ 2012/06/15 00:17 ] 特撮 | TB(0) | CM(0)

「MOVIE大戦MEGAMAX」のディレクターズカット版予約開始!

「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX」のディレクターズカット版の予約が開始しました。



●封入特典:坂本浩一監督直筆イメージボード集(予定)【初回生産限定】
※イメージボード集は限定生産品です。在庫がなくなり次第、通常の仕様での販売となります。
●音声特典:坂本浩一監督、武部直美プロデューサー、塚田英明プロデューサーによるオーディオコメンタリー


追加シーンは合計20分程度、元々の尺と合わせると120分弱に渡る大作になってるらしいです。詳細はまだ不明。
光の早さで予約しておいてなんですが、「運命のガイアメモリ」のラストの追加シーンのような妙な後味を残すシーンが挟まってませんように・・・と思わずにはいられません。

とにかく9月21日が待ち遠しいところです。
[ 2012/06/02 17:21 ] 特撮 | TB(0) | CM(0)

「MOVIE大戦MEGAMAX コレクターズパック」を買って来ました。


ライダー映画はDC版しか買わない僕もたまらず劇場公開版を購入。

映画の感想は公開当時語ったのであえて今回はそれ以外の感想を書こうと思います。あ、強いていうならBD版ではガイアウィスパーがこもって聞こえたのが気になりました。これはコレで好きなんですが、どうしてでしょうか?

▼スペシャルパッケージ
DSCF0664.jpgDSCF0665.jpg
初回生産版特典のスペシャルパッケージ。もうこれだけでもお腹いっぱいですよ奥さん。


▼映像特典感想
2枚目のディスクにはメイキングや記者会見などの映像特典が入ってます。
特に目玉はメイキング映像。映画のパンフレットについてきたミニメイキングも楽しかったんですが、ボリュームもテイストも比べ物にならないぐらい楽しい特典に仕上がってます。記者会見、舞台挨拶も見ていて楽しいのですが、この映画が気に入った人ならこれだけでも映画一本分の価値はあるのではないでしょうか・・・

今回はアクションシーンが多いだけあり、映画本編とはまた違った迫力です。Wが一番ライダーの中で好きな僕としてはあのアクションが本編とは別の視点でガッツリ見れるのが本当にたまらんのです!

何よりW,オーズ、フォーゼ4人の主役揃い踏みの撮影風景が一番の見どころ。3組とも一発で変身シーンを成功させる貫禄ある活躍を見せてくれます。

あと、女の子達に対する坂本監督のスキンシップがナチュラル過ぎてツッコミを入れたくなること請け合いです。ちなみにメイキングのオチは我等が大文字さん。フォーゼ本編にとどまらず現場でも笑いと癒しを提供してくれる存在のようです。


この売り方をみるたび「映像特典かよDC版さっさと出してくれよ」と思ってた僕ですが、はっきり言ってもう千円くらい出しても良いかな?と思えるぐらいのシロモノでした。「MOVIE大戦 MEGAMAX」に夢中になった人には是非一度手にとって欲しいです。

ただまァ、念願のDC版を手に入れたら劇場公開版のディスクどうしようかなァという懸念はあるのですが・・・「コレクターズパック」の名前はコアファン向けってことなんでしょうね。潔く大切にしていこうと思います。
[ 2012/05/22 20:16 ] 特撮 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。